凋落 木村剛と大島健伸 無料作品 検索 ブックライブ BookLive


BookLive「ブックライブ」の凋落 木村剛と大島健伸無料試し読みコーナー


「振興銀・SFCG事件」は何を物語るのか破綻した日本振興銀行の木村剛と、SFCG(旧商工ファンド)の大島健伸の人生を辿り、「振興銀・SFCG事件」が意味するものをえぐりだすノンフィクション。金融史上かつてない特異な事件の全容を描く。日本振興銀行は木村の超個人主義的な独自の思考によって破綻し、わずか6年ちょっとというその浅い業歴に比べればあまりに巨額の損失をあとに残した。日本振興銀行の経営破綻から3カ月後、無惨な廃墟の後片付けに入った預金保険機構が取りまとめた数字によれば、同行の債務超過は6700億円という途方もない金額であった。 大島が一代で築き上げたSFCG(旧商工ファンド)が経営破綻したのは2009年2月のことである。当時の公表額だけでも負債は3380億円に上った。SFCGの資金繰りが綱渡りの状態に陥っていた最中、大島は自らの報酬を月額2000万円から9700万円へと大幅に引き上げている。混乱するばかりだった現場で呻吟する従業員を尻目に、倒産間際の会社からひと月に1億円近い報酬を受け取ることができる神経は並大抵の図太さではない。2010年に逮捕・起訴されたこの二人の成功と転落を通じて、日本の戦後経済社会史を透視する。東大卒・日銀出身でバブル崩壊後の不良債権処理に強い影響力を持っていた金融エリートの木村と、在日・帰化人で商工ローンという金融の辺境から世界的な富豪にのし上がった大島という二人の人間の異なった人生が一瞬だが交錯し、ともに奈落の底に落ちていく様を描写する。
続きはコチラ



凋落 木村剛と大島健伸無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


凋落 木村剛と大島健伸「公式」はコチラから



凋落 木村剛と大島健伸


>>>凋落 木村剛と大島健伸の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)凋落 木村剛と大島健伸の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は凋落 木村剛と大島健伸を取り揃えています。凋落 木村剛と大島健伸BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると凋落 木村剛と大島健伸は1555円で購入することができて、凋落 木村剛と大島健伸を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで凋落 木村剛と大島健伸を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)凋落 木村剛と大島健伸を勧める理由


ちゃんと比較してからコミックサイトを決めているという人が多いとのことです。ネットを介して漫画をエンジョイする為には、沢山のサイトの中より自分にピッタリのものを選び抜くようにしましょう。
古いコミックなど、店頭販売ではお取り寄せしてもらわないと入手できない作品も、BookLive「凋落 木村剛と大島健伸」の形でバラエティー豊富に並んでいるため、どのような場所でもオーダーして読み始められます。
書店では、スペースの関係で陳列することが可能な書籍数が制限されますが、BookLive「凋落 木村剛と大島健伸」においてはそうした制限をする必要がなく、マニア向けのタイトルも少なくないのです。
BookLive「凋落 木村剛と大島健伸」を拡散する為の販促法として、試し読みができるという仕組みは最高のアイデアだと感じます。いつ・どこでも本の中身を閲覧することができるので、少しの時間を有効活用して漫画を選ぶことが可能です。
BookLive「凋落 木村剛と大島健伸」のサイトで若干違いますが、1巻のすべてを無料で試し読みができるというところも若干あります。1巻だけ読んで、「面白いと思ったら、次巻以降を購入してください」という戦略です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





凋落 木村剛と大島健伸の詳細
                   
作品名 凋落 木村剛と大島健伸
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
凋落 木村剛と大島健伸ジャンル 本・雑誌・コミック
凋落 木村剛と大島健伸詳細 凋落 木村剛と大島健伸(コチラクリック)
凋落 木村剛と大島健伸価格(税込) 1555円
獲得Tポイント 凋落 木村剛と大島健伸(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)