地名で読む江戸の町 無料作品 検索 ブックライブ BookLive


BookLive「ブックライブ」の地名で読む江戸の町無料試し読みコーナー


小石川、門前仲町、八丁堀、さらに寅さんの柴又、遊郭の吉原……。地名の由来を探れば、過去の社会制度や事件、人々の生活が身近に見えてくる。本書は、地名をもとに江戸の歴史と町へ接近(アプローチ)。第1部では、幕府の都市づくり政策を概観する。寺社、町人地、鷹場はいかにして造られたか。さらに「大江戸」「江戸っ子」の呼称成立の背景や、消えた地名についても言及。第2部では、江戸とその周辺を機能・地域別に九つに分類し、50の地名の具体的歴史を探訪する。すなわち、[1]幕府が造った町(丸の内・高田馬場)、[2]武家地(有楽町・御茶の水)、[3]寺社地(浅草)、[4]町人地(両国・蔵前)、[5]水辺の町(佃島・築地)、[6]交通の要所(日本橋・新宿)、[7]遊び場(猿若町・飛鳥山)、[8]武蔵野(練馬・小金井)、[9]東の郊外(柴又・小松川)などというように。市町村合併による地名改変が盛んな昨今、貴重な文化遺産としての地名を再認識できる本である。
続きはコチラ



地名で読む江戸の町無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


地名で読む江戸の町「公式」はコチラから



地名で読む江戸の町


>>>地名で読む江戸の町の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)地名で読む江戸の町の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は地名で読む江戸の町を取り揃えています。地名で読む江戸の町BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると地名で読む江戸の町は650円で購入することができて、地名で読む江戸の町を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで地名で読む江戸の町を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)地名で読む江戸の町を勧める理由


新しいものが出る度に書店に行くのは不便です。ですが、大人買いは内容がおそまつだった時の金銭的なダメージが大きすぎるでしょう。BookLive「地名で読む江戸の町」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗する確率も低いと言えます。
「スマホの小さな画面では読みにくいということはないのか?」とおっしゃる人も見受けられますが、リアルにBookLive「地名で読む江戸の町」を買ってスマホで閲覧すると、その利便性に感嘆するはずです。
無料電子書籍を利用するようにすれば、時間をとって販売店まで訪ねて行ってチョイ読みをする手間は一切なくなります。そんなことをしなくても、スマホの「試し読み」で内容のチェックができてしまうからなのです。
日頃よりよく漫画を購入する方にとっては、月額料金を払えば何冊だって読み放題で楽しめるというプランは、まさしく革命的だと高く評価できるでしょう。
漫画というものは、読み終えてから古本屋などに持ち込んでも、わずかなお金しか手にできませんし、再読したいなと思ったときに困ります。無料コミックを活用すれば、保管スペースが不要なので片付けに苦労することがないのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





地名で読む江戸の町の詳細
                   
作品名 地名で読む江戸の町
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
地名で読む江戸の町ジャンル 本・雑誌・コミック
地名で読む江戸の町詳細 地名で読む江戸の町(コチラクリック)
地名で読む江戸の町価格(税込) 650円
獲得Tポイント 地名で読む江戸の町(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)