ようこそ愛へ 無料作品 検索 ブックライブ BookLive


BookLive「ブックライブ」のようこそ愛へ無料試し読みコーナー


すでに母親を亡くしているデボラは、継父も病気で失った。「おまえに譲るものは何もない。この屋敷から出ていってくれ」冷酷な義理の兄と姉にそう告げられ、デボラは仕事を探した。幸いにも、職業紹介所で偶然出会った亡き母親の友人が、脳卒中で寝たきりの老いた夫人を世話する仕事を紹介してくれた。住み込みで働き始めた彼女は、やがて夫人の家族の本心を知った。この人たちは夫人の回復など願わず、その遺産だけを狙っている。夫人を元気にしてあげたい。でも、どうすればいいのだろう?ある日、かかりつけの医師が有名な専門医を連れてきた。サー・ジェイムズ・マーロー――青く澄んだ瞳の頼もしそうな男性。デボラは相談を思い立ち、彼の車を帰り道で懸命に呼び止めた。
続きはコチラ



ようこそ愛へ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ようこそ愛へ「公式」はコチラから



ようこそ愛へ


>>>ようこそ愛への購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ようこそ愛への口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はようこそ愛へを取り揃えています。ようこそ愛へBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとようこそ愛へは648円で購入することができて、ようこそ愛へを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでようこそ愛へを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ようこそ愛へを勧める理由


最新刊が出版されるたびに書店まで行って買うのは面倒臭いです。だとしても、一気に買うというのは退屈な内容だったときの金銭的なダメージが甚だしいです。BookLive「ようこそ愛へ」は都度買うことができるので、失敗することも最小限に留められます。
購入してしまってから「前評判よりも全く面白くない内容だった」となっても、買ってしまった漫画は返品が認められません。ところが電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうしたことをなくすことができるというわけです。
手軽にDLして読むことができるというのが、無料電子書籍の特長です。ショップまで出掛る必要も、ネットで決済した書籍を宅配してもらう必要もないというわけです。
電子書籍ビジネスには多数の業者が進出しているので、きちんと比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決めることが大切です。購入可能な書籍数や価格、サービス内容などをリサーチすることをおすすめします。
多種多様なサービスを押しのけて、ここ数年無料電子書籍という形態が広まっている理由としては、近場の本屋が減る一方であるということが考えられます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





ようこそ愛への詳細
                   
作品名 ようこそ愛へ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ようこそ愛へジャンル 本・雑誌・コミック
ようこそ愛へ詳細 ようこそ愛へ(コチラクリック)
ようこそ愛へ価格(税込) 648円
獲得Tポイント ようこそ愛へ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)