モニ太のデジタル辞典1 無料作品 検索 ブックライブ BookLive


BookLive「ブックライブ」のモニ太のデジタル辞典1無料試し読みコーナー


「パソ犬」のモニ太が、パソコンビギナーにも分かりやすく、IT、ネット関連の用語やスラングを解説していきます。読売新聞夕刊で漫画「オフィス ケン太」を連載中の唐沢なをきさんが愉快なパソ犬たちを描き、夫人のよしこさんが原稿担当です。2003年2月28日から2004年2月13日までヨミウリ・オンラインで連載された50話を収録しています。▽ADSL▽IP電話▽FTTH▽ファイル交換ソフト▽ほっとスポットほか。
続きはコチラ



モニ太のデジタル辞典1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


モニ太のデジタル辞典1「公式」はコチラから



モニ太のデジタル辞典1


>>>モニ太のデジタル辞典1の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)モニ太のデジタル辞典1の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はモニ太のデジタル辞典1を取り揃えています。モニ太のデジタル辞典1BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとモニ太のデジタル辞典1は324円で購入することができて、モニ太のデジタル辞典1を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでモニ太のデジタル辞典1を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)モニ太のデジタル辞典1を勧める理由


読み放題サービスというのは、電子書籍業界におきましては言わば画期的とも言える試みです。買う方にとっても著者や出版社にとっても、魅力が多いと言えるでしょう。
たくさんの人が無料アニメ動画の視聴をしているようです。暇な時間とか移動途中の時間などに、素早くスマホで見ることができるというのは、何より便利だと思います。
電子書籍への期待度は、ここ1~2年特に高くなってきています。そうした状況において、利用者が増えつつあるのが読み放題というサービスになります。料金を気にせずに済むのが最大のメリットです。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる人もそこそこいるようですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んだら、その使い勝手の良さや決済の楽さからヘビーユーザーになる人が多いようです。
コミックの売れ行き低迷が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までにないシステムを展開することで、新たな顧客を増加させつつあります。今までになかった読み放題という利用の仕方がそれを実現する原動力となったのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





モニ太のデジタル辞典1の詳細
                   
作品名 モニ太のデジタル辞典1
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
モニ太のデジタル辞典1ジャンル 本・雑誌・コミック
モニ太のデジタル辞典1詳細 モニ太のデジタル辞典1(コチラクリック)
モニ太のデジタル辞典1価格(税込) 324円
獲得Tポイント モニ太のデジタル辞典1(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)