モニ太のデジタル辞典4 無料作品 検索 ブックライブ BookLive


BookLive「ブックライブ」のモニ太のデジタル辞典4無料試し読みコーナー


「パソ犬」のモニ太が、IT、ネット関連の用語やスラングを楽しく解説していきます。読売新聞夕刊で漫画「オフィス ケン太」を連載中の唐沢なをきさんが愉快なパソ犬たちを描き、夫人のよしこさんが原稿担当です。2006年1月30日から2007年1月25日にかけてヨミウリ・オンラインで連載された50話を収録しています。掲載例:ヘッダ▽番号ポータビリティ▽YouTube▽炎上▽鯖落ち▽ドライバ▽VODほか。
続きはコチラ



モニ太のデジタル辞典4無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


モニ太のデジタル辞典4「公式」はコチラから



モニ太のデジタル辞典4


>>>モニ太のデジタル辞典4の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)モニ太のデジタル辞典4の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はモニ太のデジタル辞典4を取り揃えています。モニ太のデジタル辞典4BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとモニ太のデジタル辞典4は324円で購入することができて、モニ太のデジタル辞典4を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでモニ太のデジタル辞典4を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)モニ太のデジタル辞典4を勧める理由


連載物の漫画はかなりの冊数を購入する必要があるため、先ず初めに無料漫画でちょっとだけ読むという方が増えつつあります。やっぱり大まかな内容を知らずに漫画の購入を決断するというのは難しいのでしょう。
書籍の販売低迷が指摘される中、電子書籍は今までとは違う仕組みを導入することで、購読者数を増加させています。革新的な読み放題という販売方法がそれを実現する原動力となったのです。
常日頃から沢山漫画を買うという方からすると、毎月決まった料金を支払うことで何冊であっても読み放題で閲覧できるというシステムは、まさに斬新と言って間違いないでしょう。
書店では販売していないといった懐かしいタイトルも、電子書籍では揃っています。無料コミックの中には、40代50代が以前楽しんだ漫画が含まれていることもあります。
コミックと聞くと、「少年少女をターゲットに作られたもの」という印象を持っているのではありませんか?けれどここ最近のBookLive「モニ太のデジタル辞典4」には、30代~40代の方が「昔を思いだす」と口にされるような作品も勿論あります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE





モニ太のデジタル辞典4の詳細
                   
作品名 モニ太のデジタル辞典4
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
モニ太のデジタル辞典4ジャンル 本・雑誌・コミック
モニ太のデジタル辞典4詳細 モニ太のデジタル辞典4(コチラクリック)
モニ太のデジタル辞典4価格(税込) 324円
獲得Tポイント モニ太のデジタル辞典4(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)